山梨県 有機ワイン造りを推進 団体が設立

山梨県では22日、全国に先駆けて有機栽培によるワイン造りを推進する団体が設立されました。
農薬などに頼らない有機栽培による酒類の輸出の拡大を国が強化する方針を打ちだす中、先陣を切る県などの取り組みに注目が集まります。

新たに設立されたのは、全国初となる有機ワイン造りの普及や促進を目的とした団体「山梨オーガニックワイン推進コンソーシアム」です。
22日、甲府市で開かれた設立総会には、県や大学、企業などの関係者が出席し、はじめに長崎知事が「山梨はワイン県。県全体で減農薬、輸出など、力を合わせて高付加価値の取り組みを進めていく」と意気込みを語りました。
そして、団体の会長には、仲田道弘山梨県立大学特任教授が選任され、産学官連携によるオール山梨で取り組みを進める意義や当面の計画について説明しました。
具体的には、全国で初めて実用化したICT=情報通信技術を活用した病原菌の発生予測システムによる農家の支援や山梨ワインの安全性やブランド価値を高める活動などを予定します。
国は先月、輸出促進法を改正するなど、オーガニックを切り口に日本の酒類の輸出を強化する方針を打ち出していて、仲田道弘会長は、「有機ワインの需要の高まりは安全安心を求める世界的潮流で日本のトップランナーとして有機ワイン造りを進めていく」と話していました。