J2 ヴァンフォーレ甲府 練習の見学を再開 約2年ぶり

J2 ヴァンフォーレ甲府 練習の見学を再開 約2年ぶり

サッカーJ2、ヴァンフォーレ甲府は、感染防止対策のためトップチームの練習の見学について見合わせを続けてきましたが、17日、およそ2年ぶりに公開し、韮崎市のグラウンドには多くのサポーターが訪れました。

サッカーJ2、ヴァンフォーレ甲府は、新型コロナウイルスの感染防止対策の一環で、おととし2月からトップチームの練習の見学について見合わせを続けてきました。
こうしたなか、チームは日にちを限定したうえで再開することを決め、17日、韮崎市のグラウンドでおよそ2年3か月ぶりに練習が公開されました。
バックスタンド側には早速、多くのサポーターらが訪れ、練習の様子を静かに見つめていました。
見学の際は、マスクの着用や声援を送らないことなどを求めているほか、選手との握手やサインといったファンサービスは行わないことにしています。
また、見学が可能な日にちや会場は、事前に公式ホームページで知らせることにしていて、感染状況などを踏まえて段階的に制限を緩和する方針だということです。
甲府市から訪れたサポーターは「久しぶりに練習を見られるということで、仲間と見ました。次の試合は勝ち点3をつかんでほしい」と話していました。
また、南アルプス市から訪れたサポーターは「きょうが楽しみでした。選手を間近で見ることができ、よかった」と話していました。
現在、ヴァンフォーレは6勝5敗5引き分けの7位で、次の試合は今月21日にアウェーで、FC琉球と対戦します。