水泳の授業中に小学生がプールで溺れ意識不明 高知市

5日、高知市の小学生が水泳の授業中にプールで溺れ、意識不明の状態で病院に搬送されました。
児童の小学校ではプールのろ過ポンプが故障していたため、水深がおよそ10センチ深い近くの中学校で授業をしていたということです。

5日午前11時ごろ、高知市の小学校の児童が水泳の授業中、プールの中で溺れているのをほかの児童が発見しました。

児童はほかの児童によってプールサイドに引き上げられ、意識不明の状態で病院に搬送されたということです。

高知市教育委員会によりますと、児童の小学校ではプールのろ過ポンプが故障していたため、小学4年生から6年生は近くの中学校で水泳の授業を行っていたということです。

小学校のプールの水深は100センチから119センチですが、中学校のプールの水深は114センチから132.5センチとなっています。

溺れていたのは水深およそ130センチのところで、小学校のプールの最も深いところからおよそ10センチ深くなっていて、溺れた児童は十分に泳げなかったということです。

記者会見で高知市教育委員会の松下整教育長は「児童とその家族に心よりおわび申し上げます。事故の原因の1つには小学生を中学校のプールで泳がせたということにあると思いますので、教育委員会に責任はあると思っている」と謝罪しました。

高知市教育委員会は、校長会を開いて安全対策について改めて徹底するよう呼びかけるということです。

教育委員会の判断で、児童の学校名だけでなく、性別や学年も伏せています。