介護保険料改定 県内平均月額5809円 全国で7番目に低い

65歳以上の高齢者が支払う介護保険料が改定され、県内の市町村の平均は月額5809円で、前回3年前の改定からわずかに下がり、全国で7番目に低くなりました。

65歳以上の高齢者が支払う介護保険料は、市町村が、国の示す基準を参考にそれぞれの地域で見込まれる介護費用から算出し、3年に1度改定されています。

今年度は改定の年にあたり、厚生労働省によりますと、県内29の市町村と、奈半利町など5つの町と村で作る中芸広域連合の平均は、月額5809円で、前回3年前の改定から5円、率にして0.1%下がったということです。

これは全国の都道府県で7番目に低くなりました。

県内の市町村別で金額が最も高いのは芸西村で7800円と全国で9番目に高く、次いで東洋町が7400円などとなっています。

一方、金額が最も低いのは津野町の4450円で、次いで土佐清水市が4850円などとなっています。

保険料を引き上げたのは7つの市町村で、3年前の改定と比べて伸び率がもっとも高かったのは芸西村の23.8%でした。

一方、保険料を引き下げたのは8つの市町村で、このうち下げ幅が最も大きかったのは本山町の13.8%でした。

このほか、高知市など14の市町村と中芸広域連合は介護保険料を据え置きました。

県長寿社会課は「介護が必要な高齢者が増加する中、負担を抑えるために介護給付費準備基金を取り崩して対応する自治体が多い。住み慣れた地域で安心して住み続けられるようにサービス提供体制を充実させ、介護予防の取り組みを強化していきたい」としています。

【各市町村の介護保険料】
今回改定された県内の介護保険料の平均の月額は、次のとおりです。

▽高知市 5936円
▽室戸市 6085円
▽安芸市 6332円
▽南国市 5300円
▽土佐市 5500円
▽須崎市 5630円
▽宿毛市 5800円
▽土佐清水市 4850円
▽四万十市 5900円
▽香南市 5740円
▽香美市 5750円
▽東洋町 7400円
▽芸西村 7800円
▽本山町 5600円
▽大豊町 6000円
▽土佐町 6300円
▽大川村 6130円
▽いの町 5353円
▽仁淀川町 5980円
▽中土佐町 6680円
▽佐川町 5500円
▽越知町 5900円
▽梼原町 5140円
▽日高村 5800円
▽津野町 4450円
▽四万十町 5800円
▽大月町 6500円
▽三原村 5200円
▽黒潮町 5900円
▽中芸広域連合 5900円
(奈半利町・田野町・安田町・北川村・馬路村)