脱炭素に向けた取り組みへの支援制度を紹介する特設サイト公開

脱炭素社会の実現を目指して、高知県は家庭や企業などでの脱炭素に向けた取り組みへの支援制度を紹介する特設サイトを新たに公開しました。

高知県は「脱炭素社会推進アクションプラン」を策定し、2050年に温室効果ガスの排出量を実質ゼロにすることを目標に掲げています。

ただ、自動車や鉄道などの運輸部門などに比べて、家庭や企業などの事業所での排出量削減のペースが遅れていることが課題となっています。

そこで、県は家庭や企業などが脱炭素に取り組む際に活用できる県などの支援制度をまとめた特設サイトを新たに公開しました。

特設サイトのタイトルは、「こうちの脱炭素スタートサイト『こっから。』」です。

このサイトでは、脱炭素の取り組みの支援制度だけでなく、地球温暖化の暮らしへの影響や企業や家庭で脱炭素のためにできる取り組みも紹介しています。

高知県環境計画推進課は「脱炭素をあまり身近な問題ではないと感じている人も多いと思うが、このサイトを通じて自分たちに何ができるかを知ってもらい、暮らしの中でできることをひとつでも始めるきっかけにしてほしい」とコメントしています。