南海トラフ地震に備え 住民が食料や薬など個別に備蓄 黒潮町

能登半島地震の発生から1日で1か月です。南海トラフ巨大地震に備えて全国で最も高い34メートルの津波が想定されている高知県黒潮町では津波避難タワーに住民が必要な食料や薬などを個別に備蓄する取り組みが行われています。

黒潮町の町地区では8年前、京都大学防災研究所と協力し、津波避難タワーや高台の防災倉庫に「個人ボックス」と呼ばれる箱を設置しています。

この箱には住民が避難したあと必要な食料や薬、衣類などを個別に備蓄しているため、災害時に自宅から必要なものを持ち出すことなく、速やかな避難につながると期待されています。

こうした取り組みをさらに広めるため、住民みずから「個人ボックス」の備蓄品を紹介する動画の撮影も始めています。

このうち、聴覚障害がある女性は「困りごとや筆談の希望など意思疎通を行うためのカードを入れています」と手話を交えて紹介していました。

能登半島地震では、道路の寸断による集落の孤立や物資の輸送が課題となっていて、事前に住民が必要なものを避難場所に確保しておくことも求められています。

京都大学防災研究所の矢守克也教授は「物資は行政が確保すると思いがちだが、支援が来なかった場合に備えて準備しておくべきものは何か自分で考える意識を高めてほしい」と話していました。