深海に生息する「ダルマザメ」 室戸沖で定置網にかかる 

室戸市で「ダルマザメ」と呼ばれる深海に生息するサメが定置網にかかりました。

室戸市のむろと廃校水族館によりますと、21日朝、高岡地区の沖合で体長30センチほどのダルマザメが定置網に掛かっているのが見つかったということです。

「ダルマザメ」は、深海6000メートルほどの海底に生息するサメで、生きて泳いでいる姿を見るのは珍しいと言うことです。

水族館の学芸員の千原周さんは「泳いでいるダルマザメを見るのはとても珍しいと思います。室戸の定置網では、深海の生き物が捕れることがあるので標本にしたいと思います」と話していました。