高知の冬の味覚「ポンカン」の出荷作業が最盛期 安芸

全国でトップクラスの生産量を誇る高知県の冬の味覚「ポンカン」の出荷作業が安芸市で最盛期を迎えています。

高知県は全国有数のポンカンの産地で、安芸市の加工場では、この時期、出荷作業が最盛期を迎えています。

作業員は、ポンカンが腐っていないかなどを確認したあと、機械にかけて、糖度や傷の具合などを検査していました。

中でも、品質の高いものは、特選品として作業員が一つ一つ黒い箱に詰めていました。

地元のJAによりますと、去年は、畑にほどよく雨が降ったことや、秋ごろの気温が高かったことなどから例年と比べて、やや大きく甘いポンカンに仕上がったということです。

JA高知県安芸地区果樹部の千光士尚史部長は「ようやく収穫を終え、出荷作業ができたので、うれしいです。高知県東部のポンカンをもっと広めていくために、今後も農家と一緒にがんばりたいです」と話していました。