地元出身 やなせたかしの星のキャラクター名前を募集 香美市

高知県香美市は、星を使ったまちづくりを進めようと、地元出身の漫画家、やなせたかしが故郷のために描いた星のキャラクターの名前を募集しています。

去年5月、高知市のアマチュア天文家が発見した小惑星に「Kamishi」と名付けたほか、明治時代に隕石が落ちるなど香美市は、星にゆかりの多いことで知られています。

このため、香美市は、星を生かしたまちづくりを進めようと、地元出身の漫画家、やなせたかしが生前、故郷のために描いた星のキャラクターの名前を募集しています。

このキャラクターは、香美市の美しい星空をモチーフに描かれ、市のPRのために奔走する設定となっています。

応募の条件は、親しみやすく、覚えやすいもので、自作で未発表のものに限ります。

応募は、来年1月16日までで、インターネットやはがきで受け付けています。

香美市商工観光課は、「やなせたかしが作ったキャラクターに名前をつけられるまたとないチャンスです。地元の観光資源をきらりと輝かせるような名前の応募をお待ちしています」と話しています。