国の「全国旅行支援」 高知県も11日から県内でも実施

国の観光需要の新たな喚起策「全国旅行支援」について、高知県は、期間初日の今月11日から県内でも実施することになりました。

国の「全国旅行支援」は、これまでの各都道府県などでの旅行代金などを割り引く「県民割」に代わって全国に対象を拡大するもので、実施の時期は各都道府県が判断することになっています。

高知県は、これまで中国・四国地方の9つの県を対象に県民割を行ってきましたが、期間初日の今月11日から「全国旅行支援」を実施することになりました。

具体的には、旅行や宿泊の代金について1人1泊あたり最大で8000円の割り引きを受けられるほか、1泊あたり平日は3000円分、休日は1000円分のクーポン券を受けることができます。

期間は、ことし12月20日の宿泊分までで、これまでと同様に、ワクチンの3回接種か、PCR検査などの陰性の証明が必要となります。

また、県内の人が県外を旅行する際は、行き先の都道府県が導入していれば、割り引きを受けられるということです。

高知県観光政策課は、「対象地域が全国に拡大したことで、これまで以上に多くの観光客に高知県を訪れてもらいたい」としています。