高知県 新型コロナ 新たに178人感染確認

高知県は、県内で新たに178人が新型コロナウイルスに感染したことが確認されたと発表しました。

新たに感染が確認されたのは、未就学児から100歳以上までの178人で、先週土曜日の408人から230人減少しました。

また、全員が軽症です。

居住地別では、▽高知市が95人、▽香南市が21人、▽土佐清水市が12人などとなっています。

年代別では、▽10歳未満が23人、▽10代が24人、▽20代が20人、▽30代が43人など30代以下が全体の6割以上を占めていて、依然として若い世代の感染が目立っています。

新たな集団感染=クラスターは1件発表されました。

中央西福祉保健所管内の通所型の障害者施設では、利用者4人と職員1人の合わせて5人の感染が確認されました。

県は「この1週間の感染状況が落ち着いているのはワクチン接種の効果ではないか。引き続き、速やかなワクチン接種をお願いしたい」と呼びかけています。