「輝くシニア大賞」や「シニア川柳」県社会福祉協議会が募集

高知県社会福祉協議会は、お年寄りの生きがいや健康づくりにつなげようと、スポーツやボランティア活動などで活躍しているお年寄りを表彰する「高知の輝くシニア大賞」と、いきいきと活動するお年寄りを詠んだ「シニア川柳」を募集しています。

高知県社会福祉協議会は、地域のための活動やスポーツや文化にいきいきと取り組むお年寄りを、毎年表彰しています。

ことしは、昭和33年4月1日以前に生まれた人が対象で「高知の輝くシニア大賞」では、ボランティア活動などに積極的に取り組む人を表彰する「地域貢献部門」と、スポーツや文化活動を極めた人を表彰する「スーパーシニア部門」の2つの部門で候補者を募集しています。

これに合わせて、いきいきと活動している高齢者を詠んだ「シニア川柳」も募集していて、こちらは応募に年齢の制限はありません。

いずれも応募の締め切りは来月21日までで、来年1月に高知市内で表彰式が行われることになっています。

高知県社会福祉協議会は、「表彰することによって、それを見たほかの高齢者にも良い影響を与えたいと考えているので、積極的に応募してほしい」としています。