高知県 新型コロナ 1人死亡 825人感染確認

高知県は、県内で新たに825人が新型コロナウイルスに感染したことが確認されたと発表しました。県は、「来週後半から連休が続き人の動きが活発化すると見られるので、それまでに新規の感染者数を下げておく必要がある」として感染対策の徹底を続けるよう呼びかけています。

新たに感染が確認されたのは、未就学児から90代までの825人で、いずれも軽症だということです。

新たな集団感染=クラスターは3件発表されました。

▼幡多福祉保健所管内の病院で患者6人、
▼中央東福祉保健所管内の高齢者施設で利用者6人、
▼須崎福祉保健所管内の小学校で児童11人の感染が確認されました。

また、県は、60代の男性が8日死亡したと発表しました。

男性は基礎疾患があったということです。

県は、「新規の感染者数が800人台という状況が続き、きょうの感染者数も少なくなっているが、来週後半から連休が続き人の動きが活発化すると見られるので、それまでに新規の感染者数を下げておく必要がある」として感染対策の徹底を続けるよう呼びかけています。