黒潮町でサーフィンの男性死亡 行方不明となり捜索

12日、高知県黒潮町の海岸でサーフィンをしていて行方不明となっていた40歳の男性が、13日見つかり死亡が確認されました。

土佐清水海上保安署によりますと、死亡が確認されたのは高知市に住む40歳の男性で、12日午前、黒潮町入野の海岸でサーフィンをしていたところ行方が分からなくなり、海上保安署などが周辺を捜索していました。

13日午前10時すぎ、海岸から30メートルほど離れた沖合に男性が浮いているのが見つかり救助されましたが、死亡が確認されたということです。

海上保安署によりますと、現場の海岸は県内有数のサーフィンスポットで、12日も複数の人がサーフィンをしていたということです。

男性が行方不明になった当時、現場の海域に波はあったものの、荒れてはいなかったということで、海上保安署は事故の詳しい状況などを調べています。