高知県 新型コロナ 1人死亡 439人感染確認 月曜日最多

高知県は、県内で新たに439人が新型コロナウイルスに感染したことが確認されたと発表しました。月曜日に確認される感染者の数としては、これまでで最も多くなりました。

新たに感染が確認されたのは、未就学児から90代までの439人で、このうち1人を除いて軽症で、月曜日に確認される感染者の数としては、これまでで最も多くなりました。

新たな集団感染=クラスターは4件発表されました。

▼高知市の高知医療センターで患者5人と職員2人、
▼中央東福祉保健所管内の病院で患者9人と職員4人の感染が確認されました。

また、▼高知市の高齢者施設で入所者5人と職員2人、
▼幡多福祉保健所管内の高齢者施設で利用者4人と職員2人の感染が確認されました。

このほか県は、別の病気で入院していて、今月上旬に感染が確認された80代男性が7日死亡したと発表しました。

男性は基礎疾患があったということです。

県は「感染の拡大が止まらない状況なので、基本的な感染対策をさらに徹底してほしい」と呼びかけています。