高知県 新型コロナ 新たに110人感染確認

高知県は、県内で新たに110人が新型コロナウイルスに感染したことが確認されたと発表しました。
県は「1日あたりの平均の新規感染者数は100人を切ったが、対応のステージの引き下げには感染者数をもう一段減少させる必要がある」として感染対策の継続を呼びかけています。

新たに感染が確認されたのは、10歳未満から80代までの110人で、いずれも軽症だということです。

年代別では、70代以上が7人と非常に少ない一方、40代以下が全体の85%と多い傾向が続いています。
新たな集団感染=クラスターは1件発表され、中央西福祉保健所管内の保育所で園児8人、職員3人の合わせて11人の感染が確認されました。

23日までの7日間に確認された新規の感染者の数は666人となり、県は「1日あたりの平均の新規感染者数は100人を切ったが、対応のステージの引き下げには感染者数をもう一段減少させる必要がある」として感染対策の継続を呼びかけています。