iPS細胞で作った「視細胞」移植 神戸の病院“安全性確認”

iPS細胞から作った網膜の一部「視細胞」を、重い目の病気の患者に移植する世界初の臨床研究について、移植を実施した神戸市の病院は、1年後も拒絶反応などは見られず、安全性が確認されたと明らかにしました。
さらに、1人の患者では、目の機能の改善も認められたということで、今後、効果を詳しく調べることにしています。

神戸アイセンター病院などの研究チームは、「網膜色素変性症」という重い目の病気が進行した患者に、他人のiPS細胞から作った網膜の一部「視細胞」を、シート状にして移植する世界初の臨床研究を進めています。
研究チームによりますと、おととしから去年にかけて、移植を受けた40代と60代の患者2人について、手術から1年後の時点までの経過を調べたところ、移植した「視細胞」は、網膜に正常に定着していて、拒絶反応やがん化といった合併症は起きておらず、安全性が確認できたということです。
また、60代の患者は、視力や視野などの検査の結果、機能の改善がある程度認められ、研究チームは、今後、よリ多くの患者に移植を行って、効果を詳しく調べることにしています。
「網膜色素変性症」は、「視細胞」の機能が徐々に低下する難病で、進行すると失明することもありますが、治療法は確立していません。
研究チームの栗本康夫院長は「目の機能まで改善したのは、想定を超える成果で、治療の実現へ大きな1歩を踏み出せた」と話しています。