兵庫県知事が大鳴門橋視察 自転車道路整備 来年度着手の考え

淡路島と徳島県を結ぶ大鳴門橋に自転車道路の整備を検討している兵庫県の斎藤知事は7日、南あわじ市を訪れて、来年度から事業に着手できるよう準備を進める考えを示しました。

兵庫県と徳島県は、全長およそ1.7キロの大鳴門橋の高速道路の下にあるスペースを利用して、幅4メートルの自転車道路の整備を検討しています。
7日、斎藤知事は、大鳴門橋を訪れて道路の整備を検討しているスペースを視察し、県の職員から活用方法などについて、説明を受けました。
そして、南あわじ市の守本憲弘市長らと意見交換を行い、市長は「大鳴門橋の活用は、地元にとって長年の悲願で、観光への期待が高まるとともに災害時の緊急避難経路としても重要なものになる」と自動車道路の早期整備を求めました。
これに対し、斎藤知事は「さらに地域が盛り上がるよう市とともに励みたい」と述べた上で、来年度から事業に着手できるよう準備を進める考えを示しました。
視察後、知事は、記者団に対し、「世界遺産を目指す渦潮という壮大なロケーションを間近に、サイクリングを楽しめるのはとてもワクワクする。スピード感を持って整備を進めていきたい」と話していました。