兵庫県でも全数把握見直し始まる 支援センターの運用も

新型コロナウイルスの感染者の全数把握を見直し、詳しい報告の対象を重症化リスクの高い人に限定する新たな運用が26日から始まりました。
兵庫県は、報告の対象から外れる人の体調の急変などに備えて、新たな窓口を設置し、療養期間中の支援に当たる方針です。

新型コロナウイルス感染者の全数把握をめぐっては、26日から全国一律で見直され、兵庫県も新たな運用を始めました。
具体的には、詳しい報告の対象を、▽65歳以上の高齢者、▽入院が必要な人、▽妊娠中の女性、▽重症化リスクがあり、治療薬や酸素の投与が必要と医師が判断する人に限定します。
一方、報告の対象から外れる人は、保健所からの定期的な連絡はなくなるため、県は、重症化リスクの低い人の体調の急変などに備えて、「陽性者登録支援センター」を26日に設置しました。
指定のウェブサイトや電話から氏名や連絡先、症状などを登録すれば支援が受けられるということで、センターでは、希望する人に血液中の酸素の値を測る「パルスオキシメーター」の貸し出しを行うほか、体調が悪化した場合には、保健所などと連携して入院の調整などの対応にあたります。
県感染症対策課の西下重樹課長は「重症化リスクの高い人への重点化を図るとともに重症化リスクの低い人も引き続き支援することで、救える命をしっかり救っていきたい」と話しています。

【兵庫県知事 “支援センター活用を”】
斎藤知事は記者団の取材に対し、「経済活動と医療提供体制の充実を両立させ、『ウィズコロナ』に向けた新たな第一歩になる。県としても、陽性になった人へのフォローアップをしっかりと行っていく」と述べました。
また、新たに設置された「陽性者登録支援センター」に、26日午後2時までに164人が登録の申請を行っていると明らかにし、「午前中は大きなトラブルは指摘されていない。ただ、今後は登録者の数も増えていくと思うので、市や町とも連携しながら対応していきたい」と述べました。
そして、「若い世代も含めて、体調が悪化したときなどのために『陽性者登録支援センター』に登録して、活用してほしい」と呼びかけました。