関西3空港懇談会 神戸空港への国際線の就航容認で合意

関西の3つの空港のあり方について、地元の自治体などが話し合う「関西3空港懇談会」が開かれ、2030年をめどに神戸空港への国際線の就航を認めることになりました。
あわせて関西空港の発着回数を、2030年代前半をめどに、現在よりも30%増やすことを目指すとしています。

大阪市内で開かれた懇談会には、関西・大阪・神戸の3空港の地元自治体や経済団体の代表らが出席しました。
会合では、神戸空港への国際線の就航を認めることで合意しました。
具体的な時期は、新型コロナの影響で落ち込んだ外国人旅行者の回復動向などを見ながら、定期便については、2030年前後を基本とし、1日最大の発着回数を40回とします。
チャーター便については、2025年の大阪・関西万博から発着できるようにします。
一方、関西空港については、2030年代前半をめどに、年間の発着回数を、現在の上限の年間23万回からおよそ30%多い30万回への引き上げを目指すことになりました。
神戸空港の国際化に対しては、関西空港の地元自治体から懸念の声も上がっていましたが、会合では、関西空港を軸に、今後の国際線の需要拡大に対応していく考えが示され、合意にこぎつけた形です。
座長を務める関西経済連合会の松本正義会長は「3空港をフルに使って活性化を図っていきたい。関空を中軸にしつつ、ワン関西、オール関西で協力していきたい」と述べました。

【神戸市長 “新たな段階に入っていく道筋”】
「関西3空港懇談会」で、神戸空港の国際化の合意が得られたことについて、神戸市の久元市長は「国際線の定期便の就航にめどがつき、ありがたく思う。非常に大きな成果が得られ、新たな段階に入っていく道筋をつけることができた。国際線の就航には施設の整備も必要なので、運営権を持つ関西エアポートと協議を始めたい」と述べました。
その上で、「神戸空港の国際化が関西空港の発展を阻害するという意見も出ているので、それを踏まえながら進めていきたい」と述べ、関西空港との間で、国際線の需要の奪い合いにならないよう配慮していく姿勢を示しました。

【大阪府知事 “『関空ファースト』が共通認識”】
会議のあと、大阪府の吉村知事は、記者団に対し、「関西空港をハブ空港化し、強くすることが関西全体の成長につながる。2025年の大阪・関西万博やその後のIR・統合型リゾート施設の開業といった成長戦略を数々実施していくので、2030年前後の関西空港の発着枠の拡大を必ず実現させたい」と述べました。
その上で、神戸空港の国際化については、「『関空ファースト』が共通認識だ。関西空港の発着枠を拡大しても需要があふれることがあれば、補完的に神戸空港を活用していく」と述べました。