関西電力 姫路市の火力発電所で水素混ぜた燃料での発電を検討

関西電力は、姫路市にある火力発電所で、2030年に、燃料に水素を混ぜて二酸化炭素の排出を抑える方法で発電する検討を進めています。
脱炭素に向けた取り組みの一環で、会社では、将来的には水素のみで発電することも目指しています。

世界的に温室効果ガスの排出削減、いわゆる「脱炭素」に向けた取り組みが求められる中、電力会社の間では、火力発電所で、燃やしても二酸化炭素を排出しないアンモニアや水素への注目が高まっています。
こうした中、関西電力は、姫路第一発電所と姫路第二発電所で、2030年に、燃料のLNG=液化天然ガスに水素を混ぜて燃やす方法での発電を検討していることを明らかにしました。
こうした「混焼」と呼ばれる方法での発電を可能にするため、会社では、今後、水素を使った発電に対応した設備に切り替えていくほか、発電所の周辺にある企業と協力して、水素の受け入れ基地やパイプラインなどの整備を進めたい考えです。
年間で10万トン程度の水素を調達する予定で、再生可能エネルギーを使って作り出した「グリーン水素」を活用するということです。
会社は、ほかの火力発電所でも、水素を混ぜて発電することを視野に入れるほか、将来的には、水素だけを燃料にして発電することも目指しています。