兵庫県 猛烈な暑さ続く 13日も「熱中症警戒アラート」

兵庫県では、12日も各地で気温が上がり、豊岡市では、気温が37度を上回る猛烈な暑さとなりました。
13日も気温が上がる見込みで、気象台と環境省は、「熱中症警戒アラート」を発表し、熱中症に対するいっそうの対応を求めています。

神戸地方気象台によりますと、12日の県内は、日本海にある前線に向かって南から暖かい空気が流れ込んだため、各地で気温が上がり、このうち昼の前後に晴れた豊岡市では、日中の最高気温が37.2度となり、猛烈な暑さとなりました。
このほか、▼淡路市で34.8度、▼三田市で34.2度、▼丹波市で33.9度、▼姫路市で33.3度、▼神戸市で32.5度の最高気温を観測しました。
県内では、13日は、湿った空気の影響で、局地的に雷を伴って激しい雨が降るところがありますが、気温は上がり、熱中症の危険が極めて高くなるとして、「熱中症警戒アラート」が発表されました。
13日の日中の最高気温は、▽姫路市と豊岡市で35度、▽神戸市と洲本市で34度と予想されています。
熱中症に厳重に警戒し、▽外出はなるべく避け、▽こまめに水分を補給する、▽我慢せずに冷房を適切に使用する、▽屋外で会話が少ない場面などではマスクを外すなど、対策をとってください。