日銀 兵庫県の景気 「持ち直している」との判断据え置き

日銀神戸支店は、先月の県内の景気について、「資源価格の上昇の影響を受けつつも、新型コロナの影響が和らぐもとで、基調としては持ち直している」として、ことし6月に続いて判断を据え置きました。

日銀神戸支店は、先月の県内の金融経済概況を公表しました。
それによりますと、「個人消費」は、デパートで販売額が増えたほか、ツアーや修学旅行で観光客も増えたことから、新型コロナの影響が和らぐもとで、緩やかに持ち直しているとしています。
ただ、食料品などの値上がりを受けて、スーパーでは消費者が購入する品数が減り、節約志向がみられるとの声も聞かれたということです。
また、「生産」は、半導体の供給が滞るなどの影響はあるものの、緩やかな増加基調が続いているとしています。
これらの結果、日銀神戸支店は、県内の景気について、「資源価格の上昇の影響を受けつつも、新型コロナの影響が和らぐもとで、基調としては持ち直している」として、ことし6月に続いて判断を据え置きました。
日銀神戸支店の山崎真人前支店長は「ホテルや旅館業はようやく状況が改善してきたところで、足もとでは新型コロナの影響が再び出始めていて、正直、気になるところだ。今後の状況を注視していきたい」と話していました。