朝来市の中学校 生息するオオサンショウウオ観察する特別授業

国の特別天然記念物のオオサンショウウオについての特別授業が朝来市の中学校で行われ、子どもたちが環境を守ることの大切さを学びました。

朝来市の生野中学校で行われた特別授業は、国の特別天然記念物のオオサンショウウオを研究する地元のNPO「日本ハンザキ研究所」が開いたもので、2年生14人が参加しました。
生徒たちは学校近くの川に移動して辺りを探すと、体長65センチ、体重2キロのオオサンショウウオが見つかりました。
市から許可を得ているNPOのメンバーがマイクロチップを取り付け、生徒たちに、それぞれの個体がどのくらい成長しているかなど、定期的に生態を調査して保護につなげていると説明しました。
生徒の1人は「皮膚の感じがよく見えてよかったです。きれいな川を汚さないように、ポイ捨てなどに気をつけて大切にしていきたいです」と話していました。
NPOの岡田純理事長は「地域の人や子どもたちに関心をもってもらい、大事にしたいという気持ちがないと保護にはつながりません。地域ぐるみで環境を大事にしようと思ってもらいたいです」と話していました。