“未解決で21年”神戸の川に女の子の遺体 情報提供呼びかけ

平成13年に神戸市北区の川で小学3年生の女の子が遺体で見つかった事件から7日で21年です。
警察官らが現場の近くでチラシを配り、情報の提供を呼びかけました。

平成13年6月7日、神戸市北区の小学3年生だった、宮崎早紀さん(8)が自宅から3キロほど離れた有野川で、遺体で見つかりました。
早紀さんは、この3日前に自宅から最寄りの神戸電鉄・唐櫃台駅で目撃されたのを最後に行方不明になり、警察は殺人事件として捜査していますが、未解決のまま21年になりました。
7日夕方、警察官や通っていた小学校の教員らおよそ20人が、現場に近い神戸電鉄・岡場駅前でチラシを配り、情報の提供を呼びかけました。
警察にはこれまでに71件の情報が寄せられていますが、年々減っていて、去年は1件だったということです。
有馬警察署の森辻睦芳署長は「8歳で亡くなられた早紀さんの無念を晴らそうと捜査を続けてきましたが、事件から21年が経過してしまいました。どんなわずかな情報でもいいので、ちゅうちょせずに寄せてほしいです」と話していました。
事件に関する情報は、有馬警察署、電話番号は078ー981ー0110で受け付けています。