宍粟の酒蔵で火事

8日午前、宍粟市の酒造会社の酒蔵から火が出て、消防が消火活動を続けています。
警察と消防によりますと、いまのところけが人はいないということです。

8日午前10時半ごろ、日本酒の「播州一献」を製造している、宍粟市の「山陽盃酒造」で、「酒蔵から火が出ている」と従業員から消防に通報がありました。
消防車など9台が出て消火活動を続けていますが、現在も燃え続けているということです。
警察と消防によりますと、いまのところけが人はいないということです。

宍粟市の「山陽盃酒造」は、江戸時代の天保8年、1837年創業の酒造会社で、「播州一献」の銘柄で知られています。