赤村の観光トロッコでクリスマスの特別列車を運行

赤村の観光トロッコで、クリスマスの特別列車が運行され、招待された地元の保育所の子どもたちが一足早くクリスマス気分を味わいました。

赤村では、かつて鉄道の敷設が計画されていた敷地を活用して、地元のグループが観光トロッコを運行しています。

グループでは、子どもたちに村の思い出の1つにしてもらおうと、初めてクリスマスの特別列車を運行し、地元の保育所の子どもや保護者などおよそ50人が参加しました。

赤いトロッコの車体にはクリスマスの飾りが施され、列車に乗り込んだ子どもたちが「出発進行」の合図を出すとガタゴトと音を立てて走り出しました。

目的地のトンネルの中には、子どもたちが描いた絵が飾られていて、子どもたちは列車を降りて絵を見たり手作りのプロジェクターでトンネルの壁に絵を映したりして楽しんでいました。

最後に子どもたちはサンタクロースからプレゼントをもらって一足早いクリスマス気分を味わっていました。