幼稚園でクリスマス会 マジックや劇を披露 福岡 行橋

行橋市の幼稚園では8日、クリスマス会が開かれ、保護者や先生たちが園児たちにマジックや劇を披露しました。

行橋市の「みずほ幼稚園」では例年この時期にクリスマス会を開いていて、保護者や先生たちが園児たちにクリスマスプレゼントとして手作りの劇や音楽を披露しています。

ことしは140人余りの園児が参加して最初にクリスマスソングを合唱したあと、先生たちがロール状の紙に描いた絵を開きながら物語を進める手法で劇を披露しました。

続いて保護者たちによる「マジックショー」が行われ、ペットボトルの透明な水を色がついた水に変化させたり、紙の筒から色とりどりのハンカチを取り出したりして、園児たちを楽しませていました。

園児たちは「マジックは不思議でしたがおもしろかった」などと話していました。

マジックを披露した保護者たちは「動画を見るなどして調べ1か月ほど練習しました。うまくできたし、子どもも喜んでくれたので120点の出来です」などと話していました。