県教委 来年の高校入試 県立高「第2志望制」導入で調整

福岡県教育委員会が来年の高校入試で、定員割れが目立つ筑豊地区にある県立高校を、第2志望校として志願することを認める方向で調整していることが分かりました。

関係者によりますと、第2志望校制度が県内で実施されるのは初めてで、受験生は、第1志望校と合わせて県教育委員会から指定された県立高校を第2志望校として志願できるようになるということです。

県教育委員会は、来年の対象校について筑豊地区にある全日制の県立高校から複数指定し、学区外からの志願も可能とする方向で調整しています。

筑豊地区ではことし、多くの高校で一般入試の最終志願倍率が「1」を下回る定員割れの状態となっていました。

例年、定員割れとなった高校は追加の募集を行っていますが、対象となる高校では、第1志望の生徒と合わせて、ほかの高校を不合格となった第2志望の生徒も選考することが可能となります。

県教育委員会は、第2志望校制度を導入することで中学生の進路選択の幅を広げ、県立高校を志願しやすい環境を作りたい考えです。