政府の「全国旅行支援」 福岡県も来月11日から実施へ

政府の観光需要の新たな喚起策「全国旅行支援」について、福岡県も来月11日から実施すると発表しました。

全国旅行支援は、各都道府県などでの旅行を促す「県民割」に代わって、政府が全国に対象を拡大して導入する新たな観光需要の喚起策です。

これについて、福岡県も適用し、新たな観光キャンペーンとして来月11日から始めると発表しました。

観光キャンペーンは「新たな福岡の避密の旅」と名付けられ、全国の旅行者を対象に12月20日までの期間、実施されるということです。

旅行代金が1人1泊あたり最大で8000円割り引かれ、土産物の購入などに使えるクーポン券は平日最大3000円分、休日最大1000円分が配布されます。

利用するには本人確認書類のほか、3回のワクチン接種歴か検査による陰性証明を提示する必要があり、対象は県から感染対策の認証を受けた宿泊施設となっています。

一方、現在の福岡県の観光キャンペーンは来月10日まで延長し、新たなキャンペーンの開始にあわせて終了します。