タイ拠点のアイドルBNK48 ビデオ撮影で北九州市に

AKB48の姉妹グループで、タイを拠点に活動するBNK48のメンバーたちが、北九州市でミュージックビデオを撮影するのにあわせて市役所を訪れました。

北九州市役所を訪れたのは、タイを拠点に活動する人気アイドルグループBNK48のメンバーたちです。

グループでは選抜メンバー16人が13日から市内で新曲のミュージックビデオを撮影していて、14日はメンバー3人が北橋市長らと面会しました。

このうちことしの選抜総選挙で1位となったタイ出身のモバイルさんは、着物姿で「とても楽しみにきょうの日を待っていました。北九州市の美しい場所をみなさまに感じていただけるように、最善を尽くします」と意気込みを語りました。

また、茨城県出身のメンバー、大久保美織さんは「コロナ禍で2年くらい日本に帰れていなかったので1秒1秒楽しく過ごしています」と話していました。

ミュージックビデオの撮影は今月17日まで門司港や皿倉山など市内の観光地で行うことになっていて、来月、動画投稿サイトなどで公開する予定だということです。

モバイルさんは、「とても自然がきれいなので楽しみながら、北九州に来たことがない人にも伝わるようなすてきなビデオを作りたい」と話していました。