水不足で減圧給水を15%に強化 行橋市が節水呼びかけ

水不足への対策が続いている行橋市では、8日から、家庭などに送る水の圧力を抑える「減圧給水」を10%から15%に強化し、市民に節水を呼びかけています。

行橋市では、水道水の多くを福岡県添田町の「油木ダム」に頼っていますが、8日午前0時の時点で貯水率は20.5%にとどまっています。

市は、梅雨が明けて今後もまとまった雨が期待できないとして、8日午後1時半から、家庭などに送る水の圧力を抑える「減圧給水」を、これまでの10%から15%に強化し、浄水場の近くで水の圧力を調節するため、バルブを締める作業を行いました。

行橋市で15%の減圧給水が行われるのは、令和元年以来3年ぶりです。

「減圧給水」の対象になるのは、市内全域のおよそ2万6000世帯で、市では、減圧強化によって通常に比べて1日700トン程度の節水効果を見込んでいます。

市は、市民のふだんの生活に大きな影響は出ないとみていますが、念のため、10リットルのポリタンク70個に水を入れて、高台の地域などで水が出なくなった場合に届ける準備をしていました。

行橋市では、減圧給水のほか、市内の小学校と中学校でプールの授業を見合わせるなど、水不足への対策を続けていて、市民に節水を呼びかけています。