北九州市で最高気温35度予想 熱中症警戒アラートも

福岡県内は午前中から気温が上がり、久留米市では日中の最高気温が38度と猛暑日になることが予想されています。
熱中症の危険性が極めて高く、厳重な警戒が必要です。

福岡管区気象台によりますと、県内は1日も高気圧に覆われ広い範囲で晴れ、各地で午前中から気温が上がっています。

午前11時半時点の気温は、久留米市で34.7度、太宰府市と八女市黒木町で34.1度、福岡空港で33.4度など各地ですでに真夏日となっています。

午後はさらに気温が上がる見通しで、日中の最高気温は久留米市で38度、福岡市、北九州市八幡西区、飯塚市でいずれも35度と猛暑日が予想されています。

福岡管区気象台と環境省は、熱中症の危険性が極めて高くなっているとして熱中症警戒アラートを発表し、厳重に警戒しいっそうの対応をとるよう呼びかけています。

こまめに水分を補給することや外出をなるべく避けること、室内をエアコンなどで涼しくして過ごすこと、それに屋外で会話が少ない場面などではマスクを外すことなど、対策をとってください。