保育所で不審者への対応訓練 羽咋市

羽咋市の保育所で、不審者の対応訓練が行われ、保育士らが手順を確認しました。

訓練は、刃物を持った不審者が保育所に入ってきたという想定で行われました。
保育士らは、子どもたちがいる部屋につながる扉の鍵を閉めると、非常通報装置のボタンを押して警察に知らせました。
非常通報装置のボタンが押されたことで、子どもたちがいる部屋では赤いランプが点灯し、確認した保育士がカーテンを閉じて子どもたちを集めて静かに待機させていました。
また、警察が駆けつけるまでは、責任者らが不審者に対応し興奮しないよう声をかけていました。
今回の訓練は、事前に想定を伝えない形で行われ、警察の担当者によりますと、本来は、約束のない客は建物の中に入れないことが望ましいということです。
余喜保育所の山本恭子所長は「緊張感があり、いざ不審者を前にすると言葉が出なかったです。こうした訓練を通して子どもたちの安全を守っていきたいです」と話していました。