北陸地方長期予報 この冬平年より気温高く暖冬傾向の見通し

気象台が発表した長期予報によりますと、この冬の気温は、平年よりも高く暖冬傾向となる見通しです。

気象台は、北陸地方の複数の長期予報を発表しました。
それによりますと、北陸地方では11月以降、平年と同様に曇りや雨の日が多く、冬の天候へと変わっていくものの、引き続き暖かい空気が流れ込みやすいことから、10月から12月にかけて3か月間を通した気温は、平年よりも高くなる見通しだということです。
また、ことし12月から来年2月にかけての「寒候期予報」では、日本付近を流れる偏西風が平年よりも北を流れることで、北陸地方は、冬にかけても南から暖かい空気が流れ込みやすい状態が続くと予想されています。
このため、12月から2月にかけての北陸地方の気温は平年よりも高く、この冬は暖冬傾向になる見通しです。
一方で、この冬の降雪量も気温が高いことから平年と比べて少なくなると予想されています。
金沢地方気象台は「一時的に強い寒気が入ると暖冬傾向とはいえ、大雪になる可能性が残っているため、雪への備えは例年と同様に早めにしてほしい」と話しています。