ミリオンスターズの選手が園児と交流「野球の楽しさ伝えたい」

野球の楽しさを子どもたちに伝えたいと、プロ野球・独立リーグの石川ミリオンスターズの選手が、金沢市の幼稚園を訪れ園児たちと交流しました。

金沢市の金石幼稚園を訪れたのは、石川ミリオンスターズの大谷和輝内野手と、球団マスコットキャラクターの「スタ坊」です。
集まった45人の園児たちは、大谷選手と一緒におもちゃのバットを持って、バッティングに挑戦しました。
お友だちから「頑張れ」と声援が送られる中、うまくボールを打つことができると拍手が起こり、大谷選手とうれしそうにハイタッチしていました。
参加した女の子は「うまく打てて楽しかったです。選手の手がすごく大きかったです」と話していました。
大谷選手は「子どもたちが元気で自分も力をもらえて楽しかったです。この交流を通じて、野球を好きになってほしい」と話していました。