全数把握見直し 県内でも新たな運用始まる

新型コロナ感染者の「全数把握」が全国一律で見直され、石川県も、26日から詳しい情報の報告を高齢者などに絞る新たな運用を始めました。

新型コロナ感染者の全数把握をめぐり、石川県は、政府の方針に沿って見直しを行い、26日から新たな運用を始めました。
詳しい報告の対象は、65歳以上の人や入院が必要な人、重症化リスクがあり治療薬や酸素の投与が必要と医師が判断する人、それに妊婦に限定されます。
対象外となる感染者については、9月8日に開設された「陽性者登録・フォローアップセンター」に自分で申請を行ってもらうことになっています。
県は、申請を行った人に対して、血液中の酸素飽和濃度を測る「パルスオキシメーター」や食料の配布のほか、宿泊療養の調整などを行います。
また県は、このシステムを活用して健康観察を行い、体調の急変などにも対応していくことにしています。
一方、新規感染者の人数について、県は、医療機関からの報告と感染者からの申請を集計し、毎日、公表することにしています。