「ルビーロマン」苗木流出で知的財産権保護の対策強化国に要望

石川県が開発した「ルビーロマン」の苗木が、海外に流出したと見られる問題を受けて、県は14日、国に対し、知的財産権の保護に向けた対策を強化するよう要望しました。

石川県が14年かけて開発した高級ぶどう、「ルビーロマン」をめぐっては、去年、同じ名前で生産・販売されているぶどうが韓国で見つかり、県は、苗木が流出したと見ています。
この問題を受けて馳知事は、14日、国に対し、農林水産物の知的財産権の保護に向けた対策を、強化するよう求める要望書を提出しました。
要望書では、海外で正規ルート以外での生産や販売をできなくするよう自治体が「品種登録」するのに、国が十分な情報提供を行うことを求めています。
また、「ルビーロマン」のような、海外での「品種登録」が可能な期間が過ぎてしまったものについても、対応策がないか国に助言を求めています。
要望のあと馳知事は「生産や流通の関係者とともに石川県のブランドを守っていきたい」と述べました。
要望を受けた農林水産省の杉中淳総括審議官は「日本の品種の価値が海外で高く評価されるほど、残念ながら流出も増える。国、県、農業関係者を含めた形で知的財産を守っていく」と述べました。