バレーボール「PFUブルーキャッツ」新シーズンへ練習公開

バレーボール女子Vリーグの「PFUブルーキャッツ」は、10月からのシーズンに向けて新たな選手も加入し、11日、練習の一部を公開しました。

バレーボール女子Vリーグの1部V1は、10月29日に新しいシーズンが開幕し、「PFUブルーキャッツ」は、輪島市で東レアローズとの対戦が組まれています。
11日、拠点のかほく市の体育館で、練習を公開し、選手たちが報道陣を前に意気込みを語りました。
このうち、ベネズエラ出身の29歳のアタッカー、アコスタ・ロスランディ選手は2年ぶりにチームに復帰し、キャプテンを務めます。
ロスランディ選手は「チームには得点を決められる選手が自分を含めて複数います。対戦相手のチームはやりづらいと思います」などと話しました。
PFUブルーキャッツは、昨シーズンは12チーム中8位に終わり、今シーズンはさらに上位を目指しています。
坂本将康監督は「ロスランディ選手は経験豊富で、前回所属していた時にも情熱とチームを引っ張る力強さを感じていました。アタックだけでなく、守備もいいので期待したい」と話していました。