乳児死亡事故受け産婦人科医療の整備について県が協議会

輪島市の病院で妊婦が誤った薬を投与され、赤ちゃんが死亡した事故を受けて、石川県は産婦人科医療の体制の整備について話し合う協議会を5日夕方から県庁で開いています。

この協議会は、去年6月に市立輪島病院で妊婦が誤った薬を投与され、赤ちゃんが死亡した事故を受けて県が設置しました。
奥能登地域では、常勤の産婦人科医が1人だけで、地域の医療体制に偏りがあるとして、協議会では、産婦人科医療の課題や体制整備について話し合います。
午後5時半から県庁で始まった協議会には、県の幹部や自治体の関係者、それに医療関係者などおよそ30人が出席しています。
会議の冒頭、馳知事は「市立輪島病院の痛ましい医療事故は大変残念で、県としてもできる限りの調整をしたい。専門性を持った皆さんの情報を共有し、県民がどこでも安心して出産できる環境を整備したい」とあいさつしました。
協議会では、病院や産科医などの関係者がそれぞれの立場で、安全な分娩を行うために必要な体制の整備について、意見を交換することにしています。