KDDIで発生した大規模な通信障害で県内にも影響

携帯大手のKDDIで発生したauの携帯電話などの大規模な通信障害。
4日午前までにデータ通信はおおむね回復しましたが、音声通話はつながりにくい状況が続きました。

2日未明に発生した大規模な通信障害は、2日が過ぎても復旧せず、金沢市内のauの販売店には問い合わせなどで訪れる人たちの姿が。
3日まで病院に入院していたという80代の女性です。
通話以外の身近なサービスも一時、影響を受けました。
NHKが県内の消防に取材したところ、今回の通信障害の影響を受け、2日以降、119番通報がつながらないといった事案が、少なくとも7件起きていたことがわかりました。
体調不良を訴えていた加賀市の70代女性が、自ら通報できずに、知人に無料通話アプリのLINEを使って連絡し、知人がさらに別の知人に頼んで通報を行ったケースもあったということです。
通信障害は、新型コロナへの対応にも影響を及ぼしました。
石川県によりますと、保健所が直接行っている自宅療養者の健康観察や、感染が確認された人への連絡に支障が出たケースが、合わせて77件あったということです。
保健所では再度、電話をかけるなどの対応を取り、これまでに77人全員と連絡が取れたということです。