金沢市で住宅1棟全焼 1人死亡

12日朝金沢市で住宅1棟が全焼し、焼け跡から1人の遺体が見つかりました。
警察はこの家に住む78歳の男性の可能性があるとみて確認を急ぐとともに、火事の原因を調べています。

12日午前6時半ごろ、金沢市二俣町の谷内忠さん(78)の住宅で、火事がありました。
消防車6台が出て、火はおよそ1時間後に消し止められましたが、木造2階建ての住宅1棟およそ270平方メートルが全焼しました。
この火事で住宅の1階部分の焼け跡から1人の遺体が見つかりました。
警察によりますと、谷内さんは、妻と息子の3人暮らしで火が出たとき、妻は畑仕事に出ていて無事で、息子は火事に気づいて2階から飛び降りて足に軽いけがを負い病院に運ばれましたが、命に別状はないということです。
警察によりますと、谷内さんは足が弱っていて普段から外出は難しい状態だったということです。
火事のあと、谷内さんと連絡が取れなくなっているということで、警察は死亡したのは谷内さんの可能性があるとみて確認を急ぐとともに火事の原因を調べています。
近くに住む80代の男性は「火は勢いよく屋根の高さまで炎があがっていました」と話していました。
現場は金沢市の山間部で、住宅が密集しています。