口之島沖で韓国船籍タンカー座礁 全乗員救助 燃料の油流出か

16日夕方、十島村の口之島沖で韓国船籍のタンカーが座礁しました。
第10管区海上保安本部によりますと、乗員14人全員が救助され、ケガはないということですが、燃料とみられる油の流出が確認されたということで、巡視船などを出して対応にあたっています。

第10管区海上保安本部によりますと、16日午後4時頃、韓国船籍のケミカルタンカーから「十島村の口之島沖の暗礁に乗りあげて動けない。エンジンは停止している」と通報がありました。

タンカーにはインドネシア人10人、韓国人3人、ミャンマー人1人の合わせて14人が乗っていましたが、午後7時すぎに全員が近くを航行していた小型船に救助され、口之島の港に運ばれたということです。

乗員にケガはないということです。

第10管区海上保安本部は現場海域に巡視船やヘリコプターを出して対応にあたっていて、上空からはタンカーの周辺で燃料とみられる油の流出が確認されたということですが、どの程度、流出しているかは確認中だとしています。

また、タンカーにはナイロン繊維などの原料となる「シクロヘキサン」という化学物質を積んでいたということですが、海への流出があるかなど詳しいことは分かっていないということです。

タンカーが座礁したのは口之島から北に5キロ余り離れた場所で、当時、波は穏やかで視界も良好だったということで、海上保安本部は当時の詳しい状況を調べています。

船の位置情報を公開している「マリントラフィック」によりますと、タンカーは、14日、中国の福建省の港を出て18日名古屋に到着する予定だったということです。