伊佐市の太陽光発電施設で爆発 消防隊員4人けが

27日夜、鹿児島県伊佐市の太陽光の発電施設で爆発があり、消防隊員4人がけがをしました。

27日午後6時すぎ、伊佐市大口大田にある太陽光の発電施設「ハヤシソーラーシステム高柳発電所」で「白煙が上がっている」と近くの住民から通報がありました。

消防が駆けつけたところ、通報からおよそ40分後の午後6時50分ごろ、施設内の建物で爆発が起き、消防隊員4人がけがをしたということです。

このうち3人は打撲などの軽いけがで、1人は顔にやけどを負う大けがだということです。

火事を目撃した近くに住むフィリピン人の30代の女性は「大きな爆発のようで、火が大きく上がった。衝撃で家が揺れてとても怖かった」と話していました。

近くに住む60代の女性は「爆発とともに大きな揺れがあってその後も何回か揺れた。地響きがする感じで音がすごくて家も揺れました」と話していました。

また、近所で働いていた男性は「爆発が起きて音が聞こえた。衝撃音というか、窓に当たるような音がした」と話していました。

現場は、伊佐市役所から北におよそ3キロ離れた田んぼが広がる場所で、警察と消防が詳しい状況を調べています。