諏訪之瀬島 噴火警戒レベル3に

14日未明、十島村の諏訪之瀬島にある御岳で爆発的な噴火が起き、大きな噴石が火口から最大で1.1キロ飛んだのが確認されました。
気象台は「噴火速報」を発表した上で、火口周辺警報を発表し、諏訪之瀬島の噴火警戒レベルをレベル3の「入山規制」に引き上げ、火口からおおむね2キロの範囲で大きな噴石に警戒するよう呼びかけています。

鹿児島地方気象台の観測によりますと、午前0時22分ごろ、十島村にある諏訪之瀬島の御岳で爆発的な噴火が起き、大きな噴石が火口から北方向におよそ1.1キロ、南方向におよそ1キロ飛んだのが確認されました。
また、噴煙が火口から500メートルの高さまで上がったということです。
このため気象台は、諏訪之瀬島に「噴火速報」を発表した上で、火口周辺警報を発表し、噴火警戒レベルをレベル2の「火口周辺規制」からレベル3の「入山規制」に引き上げました。
気象台は、火口からおおむね2キロの範囲で大きな噴石に警戒するよう呼びかけています。
諏訪之瀬島では爆発的な噴火が減少したことから、去年6月に噴火警戒レベルが2に引き下げられていました。

十島村によりますと、島には39世帯84人が住んでいて、住民は御岳から南に4キロほど離れた元浦港の周辺に暮らしていて、午前8時から消防団が出動して状況の確認にあたるということです。
十島村役場によりますと、諏訪之瀬島出張所に連絡を取ったところ「ドーン」という大きな音が
確認されたということです。十島村を管轄する鹿児島中央警察署と県によりますと、被害の情報は入っていないということです。