「NHK歳末たすけあい・海外たすけあい」始まる 園児が募金

「NHK歳末たすけあい・海外たすけあい」の受け付けが始まったNHK鹿児島放送局を鹿児島市内の幼稚園の園児が訪れ募金をしました。

NHK鹿児島放送局には鹿児島市の唐湊幼稚園の園児、およそ50人が訪れました。

園児たちは封筒に入った1万1500円余りを県共同募金会の布袋嘉之会長に手渡ししました。

「歳末たすけあい」は、全国各地の障害のある人や介護が必要なお年寄り、被災者の支援などに役立てられることになっています。

「海外たすけあい」は、日本赤十字社を通じて世界各地の紛争や災害、食料危機などに苦しむ人たちに役立てられることになっています。

「NHK歳末たすけあい・海外たすけあい」は、共同募金会、日本赤十字社のほか各地の郵便局や銀行などで今月25日まで受け付けています。

また、NHK鹿児島放送局でも募金箱を設置しています。

園児たちは「困っている人においしいごはんを食べてほしい」や「困っている子どもに使ってほしい」と話していました。

県共同募金会の布袋会長は「みなさまのあたたかい心をお寄せ頂いてしっかりお届けしたいのでぜひご協力をお願いしたい」と話していました。