馬毛島への基地建設反対の住民グループ 市長との政策協定破棄

馬毛島への自衛隊基地の建設計画をめぐり、基地建設に反対する住民グループは、地元・西之表市の八板市長の対応について、基地建設に同意できないとして再選を果たしたにもかかわらず、防衛省に市の土地を売却したのは、「背信行為だ」などとして、八板市長と締結した政策協定を破棄したと発表しました。

在日アメリカ軍の空母艦載機訓練の移転先として、馬毛島に自衛隊基地を建設する計画をめぐり、西之表市の八板市長は先月開かれた市議会で、島に残る市の土地を防衛省に売却する議案を提出し、賛成多数で可決されました。

一方、計画に反対する住民グループは、八板市長が基地建設に同意できないとして再選を果たしたにもかかわらず、市有地の売却を決めたのは、公約違反にあたるとして、反発を強めていました。

こうしたなか、住民グループは、11日八板市長に組織的な支援活動を行うなどとした政策協定を破棄することを八板市長の後援会に通達しました。

それによりますと、「議案の提出は、結果的に馬毛島の自衛隊基地建設に積極的に協力した形となっており、明らかな背信行為である」などとして、市長の態度を強く非難しています。

一方、八板市長の後援会は、「コメントは差し控えたい」としています。