鹿児島県 新型コロナ 新たに359人感染確認

県内では6日、新たに359人の新型コロナウイルスへの感染が発表され、死亡した人の発表はありませんでした。

県の医療圏別にみると鹿児島が169人、姶良・伊佐が49人、南薩が47人、熊毛が29人、肝属が20人、奄美が19人、川薩と出水が11人、曽於が4人となっています。

先週の木曜日より106人少なく、1か月以上、減少傾向が続いています。

感染者を年代別にみると10歳未満が73人、10代が49人、20代が41人、30代が56人、40代が59人、50代と60代が26人、70代が11人、80代が10人、90歳以上が8人となっています。

一方、新型コロナウイルスに感染して亡くなった人の発表は6日はありませんでした。

療養者の状況です。

6日午前6時時点で医療機関に入院している人は5日より7人減って227人、宿泊施設で療養している人は1人増えて191人、県が把握している自宅療養者の数は88人減って1253人です。

また、入院中の重症者は5日と変わらず0人、酸素投与が必要な中等症の人の数は5日より1人増えて20人となっています。