鹿児島県内各地で震度3 緊急地震速報も

鹿児島県内各地で震度3 緊急地震速報も

2日未明、大隅半島東方沖を震源とする地震で緊急地震速報が発表され、県内でも鹿児島市や鹿屋市など広い範囲で震度3の揺れを観測しました。

2日午前0時2分ごろ、大隅半島東方沖を震源とする地震が発生し、緊急地震速報が発表されました。

この地震で、宮崎県で震度5弱を観測したほか、鹿児島県内の広い範囲で震度3の揺れを観測しました。

県内各地の震度は、震度3が、鹿児島市、鹿屋市、指宿市、垂水市、薩摩川内市、曽於市、霧島市、南さつま市、志布志市、伊佐市、姶良市、さつま町、湧水町、大崎町、東串良町、錦江町、南大隅町、肝付町、震度2が、枕崎市、阿久根市、日置市、いちき串木野市、南九州市、三島村の竹島、長島町でした。このほか、震度1の揺れを出水市、西之表市、南種子町、甑島、口永良部島で観測しました。

震源地は大隅半島東方沖で、震源の深さは30キロ。
地震の規模を示すマグニチュードは5.9と推定されています。

警察や消防によりますと、午前1時までの時点で、被害の情報は入っていません。
また、九州電力によりますと、川内原子力発電所も異常は確認されていないということです。

鹿児島市の10階建てのマンションの最上階ではドンという音ともに横揺れが20秒ほど続きました。棚から物が落ちるなどの被害はありませんでした。

NHK鹿屋支局の古江貴通信員は「編集作業をしていたらモニター画面を手で押さえないといけないくらいの揺れを感じた。建物がミシミシとなるくらいの縦揺れを30秒くらい感じたが、物が倒れるようなことはなかった。停電などは起きていない」と話しています。