鹿児島県 新型コロナ989人感染 全数把握見直し発表遅れる

県内では21日、新たに989人の新型コロナウイルスへの感染が発表されました。
感染者の全数把握を見直し、詳しい報告の対象を高齢者などに限定する運用が始まったことを受けて、21日から患者の総数と年代別のみの発表となりましたが、総数の発表は予定よりも2時間以上遅くなりました。

新たに感染が確認されたのは、合わせて989人です。

先週の水曜日よりも864人少なく、3日連続で1000人を下回りました。

亡くなった人の発表はありませんでした。

鹿児島県は感染者の全数把握を見直し、詳しい報告の対象を高齢者などに限定する運用を始めたことを受けて、感染者数について21日から市町村別の発表をとりやめ、総数と年代別のみ発表することにしました。

ところが、総数の発表は、当初予定していた午後4時ごろよりも2時間以上遅くなりました。

これについて、県の担当課は「全数把握の見直しに伴い、医療機関の報告の方法や県の情報のとりまとめの方法が変わる中、一部の医療機関から国のシステム経由とファックス経由の2つの経路で異なる感染者の数が送られてきて、どちらの数字が正しいのか精査するのに時間がかかった。あすは予定どおりの時間に発表したい」と話しています。